2008年07月03日

kirishima be happy

“『獲ったどぉーっ!!』と叫びたい”

このブログのタイトル、これは捜索中に執事が夢見ていたことでした。

『きりしま捕獲隊』、メンバーそれぞれ、無事に捕獲できる日を夢見て
それぞれ、成功したら、コレやりたい!という思いがありました。

“説教する”とか“とりあえずグーパンチパンチ”だとか散々、冗談言って
訪れそうで訪れないその日を、その時を、励まし合って夢見て来ました顔(イヒヒ)


そんな中で、執事はきりしまくん、むんずと掴んで、某テレビ番組でお馴染みの
『獲ったどぉーっ!!』って叫ぶアレをする!と常々言っておりました顔(笑)
鹿児島弁ぽかったし顔(イヒヒ)

あまりにしつこく言っていたのでメンバー間で捕獲成功 =“獲ったどぉーっ!!”に
なってしまったほど顔(イヒヒ)

『“獲ったどぉーっ!!”の時にはまずバッハままに連絡して、執事が入り口封鎖確保して、
和泉さんが縛るという手順でいこう!』なんて感じで日常的に口にしていたフレーズでした。


実際には叫べなかったし、そんな高揚感ではなく、ただよかったという安堵感で
『よく頑張ったね。偉かったね。』ときりしまくんに
話しかけることしか出来なかった執事でした。


ずっと変わらず抱いてきた想いは、きりしまくんは『人』の元で過ごして欲しいということ。

楽しそうに『きりしまドッグラン』を走るきりしまくんでしたが、
でも、やっぱりきりしまくんには、きりしまくんを守る『人』が隣にいない78日間でした。

『きりしま捕獲隊』はもちろん捕獲が目的でしたが、それだけでなく、
ずっときりしまくんの無事を出来る限り見守ってきました。
『人』として。
体調を気遣い、安全を気遣い、危険から遠ざけたいと願ってきました。

78日の間には一般の人が出入り禁止の大規模工事中の広大な開発地に入り込んだり、
後に他の犬と分かりましたが、交通事故としか思えない悲鳴を聞いた直後に
きりしまくんの姿を確認し、外傷はないものの、内臓にダメージ受けたのは
確実だと周囲を必死で探し回り、横たわるきりしまくんを発見して、どうやって
確保しよう、このまま内臓破裂で亡くしてしまうかもと胸が張り裂けそうな
想いもしました。


『人と』暮らすより自由の方が楽しいもん!とも思えるきりしまくんの姿でしたが
でも、それでも執事はやっぱりどうしても『人』とともに
きりしまくんには歩んで欲しかった。

だから『もう1回だけチャンスを頂戴』と思っていました。
『人』と暮らすのも悪いもんじゃないって分かってもらうチャンスを頂戴と。



だから、今回のこの捕獲成功を執事はきりしまくんからもらったチャンスだと
思っています。

もう1回、『人』と暮らしてみるかっていうチャンスだと思っています。


そのチャンスをもらい、捕獲した『人』として、これからのきりしまくんの
犬生、最後まで見届けます。


くまさんが第1保護主でボン様が第3保護主ならば、
執事は第2と1/6保護主として。





このブログのアドレスを最後のタイトルにしました。


たくさん、たくさん言葉を綴ってきましたが、
最後の最後に執事が
綴りたかった、綴るべき言葉はたったひとつ。
笑顔で、心からここに綴ります。


きりしま、幸せであれ。



あなたがあるがまま生きてゆけることを心から願ってる。

ニックネーム 執事 at 18:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする