2008年06月22日

大事な仲間達

今回の捜索、最後まで一緒に頑張った大事な仲間がおります。

彼女達がいたから、ここまで来れました。

彼女達がいなければ、ここまで来れなかった。



みなそれぞれ、思うことを綴り始ました。

昨日、現場の撤収作業を行い、慣れ親しんだ現場をあとにしました。
そして昨夜、図らずも皆、溢れる思いを綴っていたことを今朝知りました。


どうか合わせてご覧戴けたらと思います。


ボン様

GW明けから、見るに見かねて、余計な時間などないなか、駆けつけて下さいました。
ボン様の情熱と行動力は『しつこくはてしない』執事もひれ伏す
本当に驚愕な方です@@心から深く深く感謝を。
もう、ズタズタだった執事が堪忍袋をもう一度繕おうと思えたのは
ボン様がいてくださったからです。
コスプレな張り込み、執事、目を見張りましたです顔(イヒヒ)


和 泉さん

彼女が実際にロープを引いて、きりしまくんを捕獲してくれた方です。

見張りの執事の合図でロープ引く予定だったのですが、
執事がのたのたちょびのご飯ふやかしてる間に、
バッチリ捕獲してくれちゃいました顔(イヒヒ)

いつも冷静に、あわあわと突っ走る執事にまぁまぁと付き合って下さって感謝。
当て逃げ事件も交通事故騒ぎ(詳細は追々顔(ペロッ))も散々、助けて貰いました。
心からありがとうを。


バッハまま
執事が自力捜索をすると宣言した時に、事情を聞いてくれたのは
バッハままでした。思えば、最初の小型捕獲機の点検の仕方を教えて貰ったのも
バッハままからでした。いつもちょびを気遣って下さったお気持ち、
本当に有り難かったです。
ホントにホントにありがとう。



そして、きりしまくんのこれまでを。


生まれて育った、鹿児島時代。

くまさんの鹿児島繁殖場レスキューの記録

くまさん達が多くの方の支援で救った命達のひとつがきりしまくんです。
執事はくまさん達が救ったきりしまくんを野に放ったままにはしたくないという
想いがそもそもの捜索に参加した動機でした。

2007年3月からの記録で繁殖場というカテゴリーで綴っておられます。

くまさんと一緒に活動したカオリさんの記録

引越し後のカオリさんの記録

くまさんと一緒に活動したエミさんの記録
3月11日にきりしまくんの様子が写ってます。



そして、2007年10月に東京の保護主さんに託されました。

東京での記録
犬カテゴリーの中で様子が綴られています。
2007年10月から2008年2月24日までを保護主さんの下で過ごし、

そして、2008年2月25日に里親さんの所へ、2008年4月1日迷子になりました。




膨大な量ですが、お読みになって、ご覧になって、そして、その後で
この顛末記をお読み戴けたらと思います。


昨日のきりしまくん。

きりしま5月21日三番瀬.jpg

兄弟のさつまくんと。

よかったね。うんうん。






ニックネーム 執事 at 10:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとう!
これからゆっくりと読ませていただきます。
「三番瀬発〜」もすこしづつ。

よかった手(チョキ)
Posted by なびこ at 2008年06月22日 18:09
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1418100
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック